危険な食品【マーガリン】たから整骨院(鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・鶴ヶ島駅・埼玉県)

危険な食品【マーガリン】たから整骨院(鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・鶴ヶ島駅・埼玉県)

 

マーガリンは、普通に何年も置いて空気や光、自然にある細菌その他にさらしても、

少しも変化せず、食品とは言い難く、まるでプラクチックか金属です。

カビも生えないし、ネズミもゴキブリも寄ってくることはないようです。

 

food_margarine

 

 

 

 

マーガリンは腐らないプラスチック? トランス脂肪酸

マーガリンは元々バターが高価なものなのでその代用品として使われてきました。

「マーガリン=健康的な植物油」はウソだった。

実は、マーガリンというのは植物性油脂を化学処理することで常温でも個体を

保てるようにした食品です。

水素添加といわれる方法で化学処理をされた不飽和脂肪酸が「トランス脂肪酸」

に変化します。

トランス脂肪酸は、血中の悪玉コレストロールを上昇させ心筋梗塞や狭心症を増加させ

さらに肥満やアレルギー疾患増加、胎児の体重減少、流産、死産を生じさせる

恐れがあります。

安価で簡単に買えるマーガリンですが、使用する量には注意が必要かもしれません。

 

ちなみに、マーガリンは既に、ヨーロッパでは発売中止、製造禁止している国もあります。

特にオランダではトランス型脂肪酸を含む油脂製品が販売禁止。

デンマークでは毒物扱いとされ禁止です。

 

バターと違い! 冷蔵庫からすぐ出してもパンに塗りやすいマーガリン・・・

便利だけど・・・しっかりと理由があるんですね!

 

 

 

埼玉県|鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・鶴ヶ島駅で口コミNo.1のたから整骨院

http://www.takara-seikotsu.com/

 

危険な食品【マーガリン】たから整骨院(鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・鶴ヶ島駅・埼玉県)」への4件のフィードバック

  1. マーガリンは他にもクッキー、アイスなどに使用しているようで無くてはならない存在なのですが、たから先生がお話しして頂いたとあるポテトに様に腐らない?食べ物には危険な理由があるんですねorz
    なるべく自然の食物で健康に過ごしたいと思います(o^^o)

    • マキダイさん、コメントありがとうございます!
      どう考えてもこんなに日持ちするのは可笑しなことですよね(汗)
      最近は食べてませんが、今まで食べ続けてきてしまいましたからね(汗)
      ポテト同様、発がん性物質ですので、あまりとらないようご注意してください。

  2. うわぁ~(>_<) 怖っ!!!
    バターの代用とかでお菓子作るときや…パンを作る時も使ってたしぃ…

    パンには当たり前に塗ってたぁ(–#)

    • ぶんぶんさん、コメントありがとうございます。
      本来バターですから、乳製品の脂質の成分ですから、冷蔵庫で冷やしたら硬くなり、
      すぐにはパンに塗れないのが普通ですよね!!
      それが、マーガリンはすぐ塗れちゃうんですから、どんだけ細工してるんだ!ってことですよね(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です