腱鞘炎②|たから整骨院(鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・鶴ヶ島駅・埼玉県)

腱鞘炎②|たから整骨院(鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・鶴ヶ島駅・埼玉県)

 

 

前回、腱鞘炎の痛みが起きるメカニズムをお伝えしましたが、

痛みが起きたときは、基本的には「アイシング(冷却)」「固定」「安静」をまず行うことが

大切です。

まずは、アイシング(冷却)

アイシングの仕方は、当ブログで「アイシングのカテゴリー」で説明しておりますので

他の痛みにも有効なので必ずお読み下さい。

 

DSC00648

 

 

続いて、固定

 

 

 

 

 

DSC00649

DSC00650

 

そして、安静にすることです。

 

 

 

腱鞘炎①で書いた、どういう人が腱鞘炎になりやすいのか?

という質問に答えていきたいと思います♪

 

手をよく使う人が腱鞘炎になりやすいのですが、そんなに指・手を使ってないのに、

腱鞘炎になりやすい人がいるのはご存知ですか??

どんな人だと思いますか??(^o^)

 

正解は・・・

妊娠中の方、または産後のお母さんです!!

妊娠中に子供を産むために骨盤が開きますが、この現象はリラキシンというホルモンの

影響でおこります。 出産のために大事なことなのですが、問題はこのホルモンは骨盤だけを

緩ませるのではなく、全身の関節に作用し、全身の関節が緩くなります(;´・ω・)

手首も緩くなることが多くなります(;´・ω・)

産後はリラキシンの分泌が無くなってきて関節がまた締まってくるのですが、それまでの間に、

歪みや捻れを起こし、手首の関節の機能が落ちます。

結果、関節周りの筋肉・靭帯・腱に負担がかかり、腱鞘炎を起こすのです。

たから整骨院にたくさんのママにお越しいただいておりますが、腱鞘炎!!

多いですね~~~~~(´・ω・`)

 

 

腱鞘炎③では、

「局所治療だけでは腱鞘炎が治らない秘密」に触れていきたいと思います (@^^)/~~~

 

 

埼玉県|鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・鶴ヶ島駅で口コミNo.1のたから整骨院

 

 

腱鞘炎②|たから整骨院(鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・鶴ヶ島駅・埼玉県)」への6件のフィードバック

  1. なかなか固定の仕方は専門家ではないと難しそうですね((((;゚Д゚)))))))
    出産前、出産後とかなり母体に負担があるのはわかっていましたが、腱鞘炎になるとは知りませんでした_| ̄|○
    私も仕事柄、手をたくさん使うのでまだまだ寒いですが、アイシングをしたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

    • マキダイさん、コメントありがとうございますm(__)m
      そうですね! 痛みが無かったとしても、
      手をよく使ったな~~~って思った際はアイシングしていただいた方が
      予防につながりますのでGOODです♪
      あと、手首周りのストレッチも忘れずに!!

    • ぶんぶんさん、コメントありがとうございますm(__)m
      本当にフムフムですか?(笑)
      ご自身が腱鞘炎になっちゃいますよ~~~

      • (笑)
        えっ~
        本当にフムフムφ(..)ですょ~

        産後しか腱鞘炎にはならなかったですけどねっ(^-^;)

        • ぶんぶんさん、コメントありがとうございますm(__)m
          本当にフムフムみたいでよかったです♪
          やはり産後に腱鞘炎になられたんですね(汗)
          よく手を使うお仕事ですから気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です