肺炎|たから整骨院・整体院(鶴ヶ島市/若葉駅/坂戸市/川越市/霞ヶ関駅)

肺炎|たから整骨院・整体院(鶴ヶ島市・若葉駅・坂戸市・川越市・霞ヶ関駅)

 

 

寒くなり、風邪の流行が心配な季節になりました。普通の風邪であれば、市販の風邪薬などを服用し、

十分に休養すれば、比較的症状は軽く済むでしょう。しかし、風邪とよく似た症状で毎年のように

流行しているのが「肺炎」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪だと思っていた症状が、実は肺炎である事も多く、適切な処置が遅れたために重症化し、場合によっては、

命に関わる事もある、肺炎は重篤な病気なのです。

そして、肺炎は罹患率も死亡率も高く、今や日本人の死亡原因の第4位となっています。

風邪と間違いやすい肺炎のサインを見逃さないようにするには、どうすればよいのでしょう?

なぜ肺炎にかかるのか?毎年増加する肺炎の原因は?

 

肺炎は、私たちが日常生活で触れたり、吸い込んだりする様々な細菌が原因で起こる肺の感染症です。

普通は、身体の免疫力が強いので、たとえ細菌が体内に入ったとしても、肺炎にかかる事はありません。

しかし何らかの理由で身体の抵抗力が弱くなっていたり、子どもやお年寄りなど、もともと免疫力が

弱い人には肺で細菌が繁殖し、それが肺炎となって様々な症状が現れるのです。

また、風邪をひいて、身体の抵抗力が弱くなっている時も、肺炎は起こりやすいといえます。

風邪をこじらせて肺炎になったというケースは珍しくありません。ただし、風邪からではなく、

突然、肺炎を発症する事も多いので、風邪をこじらせるから肺炎になる、という思い込みは禁物です。

 

 

その症状は本当に風邪!?風邪と肺炎の見分け方

肺炎の症状は風邪の症状と似ている点が多く、見過ごしたり、軽く見ていると重症化してしまい、場合によっては

生命に関わりますから、風邪と肺炎の見分け方は、とても重要です。

普通の風邪は、悪寒、倦怠感、鼻水、鼻づまり、喉の痛みなどの症状や熱もでますが、それほど高い熱ではなく、

局所的な症状が多いのが特徴です。

しかし肺炎の場合は、風邪の症状に加えて、ひどく咳込む、膿のような痰、胸の痛み、息苦しさ、呼吸や脈が

早くなる、高熱が出る、強い倦怠感など、風邪と比べると全身症状が多いのが特徴です。

大まかに言えば「局所症状だけなら風邪、全身症状を伴えば肺炎も疑う必要あり」と考えましょう。

肺炎を疑ってみて、肺炎でなければそれで良し!念には念を入れた方が安心です。

ここで問題なのが、全身症状を伴うインフルエンザとの見分け方です。インフルエンザの場合も、

高熱や強い倦怠感、筋肉や関節の痛みなどの症状が現れますが、咳や痰は、ほとんど出ません。

この点が、インフルエンザと肺炎を見分けるポイントになります。

 

 

ちなみに、痰の色を見る事で、何に感染しているのか判断できます。痰が、黄色く粘着性の場合、黄色い色は

細菌と白血球が戦った死骸の色ですから、体内の細菌による炎症が起こっていると判断できます。

逆に、痰に色がなければウイルスの感染による風邪の初期の段階だと考える事もできます。

また、痰の黄色がだんだん薄くなっていけば、細菌が減り症状が改善していると判断できるのです。

肺炎を予防するには、どうすれば良いのか?

肺炎に限らず、普通の風邪やインフルエンザにも共通して言える事ですが、本来、人間の身体に備わっている抵抗力や

免疫力を強く保っていれば、肺炎にかかるリスクも少なくなります。

規則正しい生活、十分な睡眠やバランスのとれた食事、過労や過度のストレスの解消など、当たり前かもしれませんが、

これが肺炎を予防する鉄則です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その上で、肺炎など呼吸器疾患の予防に効果的なのは、ビタミンCの摂取です。1日2000mgのビタミンCを摂る事によって、

身体の免疫力が著しく高まり、風邪や肺炎にかかりにくくなるのです。

仮に症状が出た後でも、早く治す効果もあります。飲む分量が分かりやすいサプリメントなど利用してはいかがでしょうか?

また、普段の食生活では、スープなど温かい飲み物を欠かさないようにしましょう。食欲がない時でも、

スープなら飲めるでしょうし、温かい飲み物は、喉の粘膜を保護し、粘膜の流れを良くするので、

喉に付着した細菌を洗い流す効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニンニクやショウガも、身体の抵抗力を高め、殺菌作用があるので、ニンニクやショウガの入ったスープなら、

身体も温まり、さらに免疫力が高まりますので、、まさに一石二鳥のアイデアです。

最後に、風邪をひいても、ただの風邪だと油断せず、風邪をひくのは免疫力が弱まっている証拠です。

免疫力が弱くなっている時は、肺炎にもかかりやすくなるのです。肺炎など重症な病気の心配をしなくていいように、

普段から身体の免疫力を高め保つ生活習慣を心掛けましょう。

 

埼玉県口コミ数No.1のたから整骨院・整体院

http://www.takara-seikotsu.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です