カレー|たから整骨院・整体院(鶴ヶ島市/若葉駅/坂戸市/川越市/鶴ヶ島駅/霞ヶ関駅)

カレー|たから整骨院・整体院(鶴ヶ島市・若葉駅・坂戸市・川越市・鶴ヶ島駅・霞ヶ関駅)

 

 

カレーといえば皆さん「辛い食べ物」という印象が強いと思いますが、ルーツを辿るとインドなどでは

「スパイスを混ぜ合わせた汁」という意味だそうです
ぉおΣ(・ω・ノ)ノ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも、インドには「コショウ」や「ジンジャー」はあったものの、今でいうところの「辛さ」を

演出する代表的なスパイス「唐辛子」はありませんでした。

唐辛子は中南米原産だったため、世界に広まったのは16世紀の大航海時代後になってからだそうです。

 

カレーも時代によって進化しているんですね♪

 

話を元に戻すと、カレーはすなわち「スパイスの混合物」です!

カレーの代表的なスパイス「ターメリック」の和名は漢方としてもお馴染みの「ウコン」。

その他「クミン」「コショウ」「コリアンダー」「カルダモン」などのスパイスも、古くから

インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」などの医学的見地から使われてきたものばかり

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

 

実際、今でもインドの各家庭ではg複数のスパイスを常備し、家族の体調やその日の天候などで

配合するスパイスを変え、石臼でひいて水でとき、カレーを作ります。中国でいうところの「医食同源」♪

まさに「健康食」ですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、「カレーが健康維持にいい」といわれるゆえんとは何なのか???

まずは不足しがちな野菜を摂取しやすい点があります。煮込むことで野菜がカレールゥに溶け、

ボリュームが減るのでたくさん食べられる。そして、溶けたビタミンCもカレーと一緒に摂取できます。

次に、スパイスに「胃腸の動きを整え、カラダを温める効果」があること。夏場は冷房などで冷えがちになり

ますが、カレーで身体を温め新陳代謝を促し冷え対策をしましょう♪

 

さらに低塩食品でもあり、辛いものは食欲増進効果が期待できます。なのである程度食べると

「満腹感」を得やすい利点があるため、先ほど述べた「新陳代謝を促す」効果と相まって、減量効果も

期待できるというわけです。

こんなに健康効果があるカレーを食べて、今年の夏を元気に楽しみましょう♪

 

埼玉県口コミ数No.1のたから整骨院・整体院

http://www.takara-seikotsu.com/

カレー|たから整骨院・整体院(鶴ヶ島市/若葉駅/坂戸市/川越市/鶴ヶ島駅/霞ヶ関駅)」への1件のフィードバック

  1. 「スパイスを混ぜた汁」なんかすごい食欲がそそらない食べ物になってしまう響ですが池袋に「カレーは飲み物」と言うお店がありちゃんと意味を知って名付けているのがわかります♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です