産後骨盤矯正②|たから整骨院・整体院(鶴ヶ島市/若葉駅/坂戸市/川越市/鶴ヶ島駅/霞ヶ関駅)

産後骨盤矯正②|たから整骨院・整体院(鶴ヶ島市・若葉駅・坂戸市・川越市・鶴ヶ島駅・霞ヶ関駅)

 

 

産後骨盤矯正に関して一番多く受ける質問が、

「産後どれくらいから骨盤矯正を始めたらいいんですか?」という質問です。

特に初診時のお電話での問い合わせでダントツの質問です。 確かにそうだな~~って思います。

今回はこのテーマで行きます♪

 

 

 

←「仙腸関節」

 

 

 

 

←恥骨と恥骨が合わさるところを「恥骨結合」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ママさんは妊娠すると出産に向けて「リラキシン」というホルモンが分泌されて、骨格や靭帯を緩める

作用が始まり、骨盤では「仙腸関節」と「恥骨結合」が緩み始め、産道が広がり、

赤ちゃんがスムーズに出産されます。

 

出産後リラキシンの分泌は2~3日で止まると言われていますし、緩んだ関節・靭帯が元に戻るのは

3~6ヶ月位と一般的には言われています。

なので、骨盤が緩んでいる状態中が、骨盤矯正をしやすいタイミングだと言えます。

 

ただし!! じゃぁ、産後すぐに始めればいいじゃんって思われている方も多いのですが、

産後1か月位は後からの陣痛もありますし、悪露がでたり、まだまだ出産のダメージが残っていますから、

「産後は休め」の時期です。

ですから、産後骨盤矯正は産後2~6ヶ月位に時期にキチンと行うことが大切だと思います。

 

じゃぁ、産後6ヶ月以上経ったら意味がないのか?って質問も受けるのですが、

「大丈夫ですよ。もしそうなら出産していない一般の方は骨盤矯正できないということになっちゃいますよね」

って答えます。

ただ産後6ヶ月以上経っても骨盤の歪みは治せますが、骨盤の靭帯が緩んでいる時期(産後2~6ヶ月)に骨盤矯正を

したほうが効果的だと思います。

 

 

埼玉県|鶴ヶ島市・坂戸市・川越市・鶴ヶ島駅・若葉駅・霞ヶ関駅で口コミNo.1のたから整骨院・整体院

http://www.takara-seikotsu.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です