枕|たから整骨院(鶴ヶ島市/川越市/坂戸市/若葉駅/鶴ヶ島駅/霞ヶ関駅)

枕|たから整骨院(鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・若葉駅・鶴ヶ島駅・霞ヶ関駅)

 

自律神経の日内リズムによって、昼間の交感神経優位の状態から副交感神経が優位になって

寝ることが出来ます。

その際、リラックス効果を高めるには仰向けになって枕を低くして寝るのがオススメです。

 

teihanpatsu_makura

 

 

 

 

 

 

 

仰向けで寝ることで、鼻からの呼吸がスムーズになり内臓も圧迫されません。

口呼吸は交感神経の緊張を招くので睡眠を妨げることになります。

しかも、仰向けになると肩の関節も圧迫されないのです。

横向きに寝る姿勢から肩を痛めてしまうこともあるので、仰向けで寝ることが

その予防になって良いことが多いです。

suimin_woman

 

次に低い枕ですが、低い枕は高い枕で寝るのに比べて脳の血流低下が起きません。

旅先で枕が高いと目が冴えて眠れなかったり、翌朝に頭や首が痛むことがありますが、

これは高い枕で脳の血流抑制が起きているからです。

高い枕だと、寝てもリラックスが阻害されることが考えられます。

 

それでも就寝時に頭痛がするときには、高い枕で寝る方が痛みが和らいで、

楽に感じられたりすることがあります。

これは高い枕で一時的に血流が抑制されたことで頭痛が止まるからです。

しかし翌朝には脳の血流の抑制が進行して頭痛がいっそうひどくなっているわけです。

 

 

埼玉県|鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・若葉駅・鶴ヶ島駅・霞ヶ関駅で口コミNo.1のたから整骨院

http://www.takara-seikotsu.com/

 

 

枕|たから整骨院(鶴ヶ島市/川越市/坂戸市/若葉駅/鶴ヶ島駅/霞ヶ関駅)」への1件のフィードバック

  1. 旅行先で枕が違うだけで寝られないのでクッションなどで代用しています。
    個人的には無○良品の低反発枕が気に入ってます*\(^o^)/*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です