トマト|たから整骨院(鶴ヶ島市/川越市/坂戸市/若葉駅/鶴ヶ島駅/霞ヶ関駅)

トマト|たから整骨院(鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・若葉駅・鶴ヶ島駅・霞ヶ関駅)

 

まだまだ寒い日が続きますね!

暖かい日もありましたが、これから雪の可能性もあるようなので体調管理には十分注意して下さいね!

ノロ・インフルエンザも依然猛威を振るっています。

手洗いうがいを忘れずに!

 

今回は栄養満点なトマトに注目してみましょう!

character_tomato

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、新たな研究でトマトの「リコピン」がメタボリック症候群に有効ということが立証され、

注目を集めました。

「リコピン」とは動植物に含まれる赤・黄・オレンジ色の色素のことです。

近年ではその「リコピン」が持つ抗酸化作用が注目されるようになってきました。

そのリコピンの作用とは・・・

シミ・ソバカスの原因になるメラニンの生成を抑制する作用。

糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を抑制する。

LDL(悪玉)コレステロールの抑制。

痴呆の予防。

などです。

素晴らしい効果ばかり!食べない手はありませんね!

しかし、世界的には日本人はあまりトマトを摂取していないのです。

ちなみに、トマト摂取量一位はどこだと思いますか?

イタリア?またはスペインでしょうか?

・・・・

 

なんと!

一位はギリシャだそうです。

年間、1人当たり130キログラム摂取するのだとか。

これは大きいトマトを毎日2個食べる計算だそうです。

次いで、リビア、エジプトと続きます。

イタリアは世界6位だそうです。

これはイタリア独特の南北の食生活の差があるからかもしれません。

日本は24位。日本人は年間10キロ。1日ミニトマト1,5個を食べる程度。

 

vegetable_tomato

 

 

さて、トマト摂取量で健康に差が出るのでしょうか?

がん発生率をギリシャとイタリアの男性人口10万人で比べるとギリシャは227,8人。

イタリアは316,4人でした。

トマトだけが原因ではないでしょうが、結構差が出ましたね。

バター、ラード、肉中心の料理である北イタリアはトマト、オリーブオイル中心の南の倍消化器系の

がんが多いそうです。

これも北と南では人種が違ったりもするので一概には言えませんが、生活習慣の差を

計るひとつの指標です。

イタリアンは日本人に合っていると私は思っているんですけど、

これからイタリアンが増えてきて日本人がトマトを多く食べる機会が増えると思います。

欧米食が増え、メタボが増えている昨今、日本人のトマトの摂取量が増えることで

それが解消されれば良いと思います。

毎日大きいトマト1個を目標に!(笑)

 

 

埼玉県|鶴ヶ島市・川越市・坂戸市・若葉駅・鶴ヶ島駅・霞ヶ関駅で口コミNo.1のたから整骨院

http://www.takara-seikotsu.com/

トマト|たから整骨院(鶴ヶ島市/川越市/坂戸市/若葉駅/鶴ヶ島駅/霞ヶ関駅)」への2件のフィードバック

  1. トマトダイエットなるものを奥さんの実家ではやっているそうで見習わなくてはイケナイないのですが‥‥‥。
    食卓には炭水化物が私を待っているのが現状ですヽ(´o`;
    トマトを上手に取り入れたいと思いますm(_ _)m

    • マキダイさんコメントありがとうございますm(__)m
      炭水化物オンパレードは・・・・
      マキダイさんパワーアップしてしまいますよ(^▽^;)
      是非トマトを積極的に取り入れてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です